スマートウォッチから得られる楽しさや機能性を求める一方で、機械式時計に注ぎ込んだ感情的な投資をあきらめたくない。

ここで、あなたには「同じものをふたつ持つ」ことに必要な違和感を解消する能力が、生まれつき備わっていないと仮定しよう。スマートウォッチから得られる楽しさや機能性を求める一方で、機械式時計に注ぎ込んだ感情的な投資をあきらめたくない。つまり、この物語の大前提である「何としてもケーキを食べたい」という気持ちを持っているわけだ。

Apple Watch スーパーコピー38/42mm 18Kイエローゴールドケースとブラックスポーツバンド

手首が130-200mmの方にフィットします。
Apple Watch Editionの特長
18Kイエローゴールドまたはローズゴールドのケース
サファイアクリスタル
感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
セラミック裏蓋
Digital Crown
心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
環境光センサー
スピーカーとマイクロフォン
Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth 4.0
最大18時間駆動するバッテリー*
耐水仕様**
商品番号 iwatch007

もうひとつの方法は、困窮はしていないだろうけれど、片方の手首には少なくとも便利で実用的なものを選ぶということ。同じものをふたつ持っているとは思えないほど洗練され、完璧に仕上げられた機械的なものを装着するのだ。理想的なのは、実用的で控えめなケース素材を使った小型のスマートウォッチを持つことだ。アルミニウムであれば問題ないが、ローズゴールドカラーのスマートウォッチや、セラミック製のApple Watch(あるいはソリッドゴールドのEdition Series 1)のようなものであれば、この戦略はあまり効果的ではないだろう。もう一方の手首には、サイズや重さの点で意図的なミスマッチはないにしても、時計の伝統に根ざした古典的な美しさを持つものを身につけるといい。

【関連記事】:http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/diary/diary.cgi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です