【職人が丁寧に作り上げる】時計ベルトのマニュファクチュール”松下庵“の魅力にせまる!【時計ベルトを再考する】

時計の雰囲気を決定する時計ベルト。昨今純正ベルトではなく、自分の好みに合ったベルトを装着する愛好家が増えているのはご存知だろうか。

時計に欠かせないベルトを再考する本企画ではユニークかつ高品質な商品を提供している時計ベルトメーカーの魅力に迫っていく。

今回フォーカスする”松下庵“は両国に自社工房兼店舗を構える腕時計用ベルトの専門店だ。すべての工程を一貫して自社工房で行っている、まさに腕時計用ベルトのマニュファクチュールと言える会社である。

パネライ スーパーコピー ルミノール 8デイズ パワーリザーブ チタニオ PAM00797

カテゴリ パネライ スーパーコピー ルミノール
型番 PAM00797
機械 手巻き
材質名 チタン
ブレスストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ブラウン
文字盤特徴 アラビア
ケースサイズ 44.0mm
機能 パワーインジケーター
自社開発手巻きムーブメントのP.5002を搭載した44mmケースの【PAM00797 ルミノール 8デイズ パワーリザーブ チタニオ】。
軽量で硬く耐久性にも優れたチタンをケースに採用し、2層式のブラウンダイアルとベージュ色のカーフストラップを合わせる事でシックでクラシカルなイメージとなりました。
これまではパワーリザーブインジケーターの針にはリーフ針が使われていましたが、1990年代後半のパネライ スーパーコピーウォッチに見られたアロー針を復活させた事で、アイキャッチとなり可愛い印象です。

時計好きの職人が一つひとつ、装着する時計を想定しながら、丁寧にすべての工程を手作業で行っているという。腕に着けた時の美観と、着用感、耐久性など様々な観点から、形状と材料、カラー、芯材、糸、ステッチの方法、エイジング加工の有無、コバの処理方法などを決定し、熟練の職人が手作業で製作していくのだ。そのベルトの完成度は非常に高く熱狂的なファンがいるほどである。とくに同社が力を入れているのが、パネライ専用のオリジナルベルトシリーズである“M74シリーズ”だ。

パネライの愛好家であれば、誰もが憧れる旧イタリア海軍特殊部隊のベルトを現代に蘇らせた商品で、当時のディテールなどを再現しながらも、現代の生活において、使用しやすいようにアップデートを施した意欲作。同社の代表取締役を務める松下氏は生粋のパネライ愛好家で、自分が欲しいと思うベルトを突き詰めていくことで完成したのだという。この商品を求めて海外からも多く引き合いがあることからも、この商品の魅力の高さが伺える。

無骨でありながら、イタリアならではの美的感覚を感じさせる“M74シリーズ”当時の雰囲気をいまに伝えながらも、ベルト全体の長さを調整するなどして、現代的にアレンジされているのも魅力のひとつだ。

「【職人が丁寧に作り上げる】時計ベルトのマニュファクチュール”松下庵“の魅力にせまる!【時計ベルトを再考する】」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です